食事宅配のまごころ食材サービス|高齢者施設様の為の食事宅配・給食業者です

食事宅配のまごころ食材サービス|高齢者施設様の為の食事宅配・給食業者です

高齢者施設向け食事宅配TOP > 高齢者の健康を守る食生活のヒント > 栄養と健康についての基礎知識 > 体づくりに大切なタンパク質

体づくりに大切なタンパク質

人間の髪の毛、爪、皮膚、筋肉、血液、臓器と、
体のほとんどがタンパク質でできています。
このことから、タンパク質の摂取がどれほど体に大切なのかが分かると思います。

1日に必要とするタンパク質の平均量ですが、成人男性で50g、
成人女性で40gになります。
さらに、この数値に男女それぞれ10gずつ足したものが、
タンパク質の推奨量になります。
タンパク質は摂り過ぎると、余った分が脂肪として蓄積されるため、
1日の摂取上限といわれている体重1kgあたり2g未満の摂取に
留めた方がいいでしょう。

国民健康栄養調査によれば、
日本人はタンパク質の推奨量を充分に満たしています。
これは、あくまで平均値ではありますが、
ほとんどの人が特に意識しなくてもタンパク質の不足にはならないと
考えられます。
むしろ、自分がタンパク質を摂り過ぎていると感じている人は、
意識して摂取量を減らしていく必要があるかもしれません。

タンパク質が豊富な食品は、肉、魚、豆類、卵などになります。
肉などの動物性タンパク質は、摂り過ぎると健康を害する危険性があるため、
納豆などの豆類からタンパク質を摂るようにすると健康的だといえます。

まごころ食材サービスでは、お一人おひとりの状況に合わせて、
「カロリー食」や「低タンパク食」をご用意しています。
タンパク質の摂取制限がある方にも、安心してお召し上がりいただけます。

インターネットからの手軽な注文で、完全調理済みの食材をお届けします。




Copyright©2011 Silver Life co Ltd., All rights reserved.