食事宅配のまごころ食材サービス|高齢者施設様の為の食事宅配・給食業者です

食事宅配のまごころ食材サービス|高齢者施設様の為の食事宅配・給食業者です

高齢者施設向け食事宅配TOP > 高齢者の健康を守る食生活のヒント > 栄養と健康についての基礎知識 > 脳のエネルギー源になる炭水化物の重要性

脳のエネルギー源になる炭水化物の重要性

炭水化物は、脂質、タンパク質と並んで三大栄養素の一つで、
身体と脳の主要なエネルギー源になります。
炭水化物とは、糖質と食物繊維の総称です。

糖質には、単糖類(ブドウ糖など)、二糖類(乳糖など)、
多糖類(でんぷんなど)の三種類があります。
糖質は摂取されるとブドウ糖に分解され、エネルギー源になります。

ブドウ糖は脳のエネルギー源

脳のエネルギー源は、通常はブドウ糖だけです。
しかし、脳は神経細胞内にエネルギー源を蓄えてことが出来ないので、
血液中からブドウ糖を取り込みます。

脳は人体が消費するエネルギーの約20%を消費し、
安静にしていても1日120g、1時間に5gものブドウ糖を消費します。
しかも脳は、ブドウ糖の供給がなくなると数分でその機能を失うとも言われる為、
常にブドウ糖を補給しなければなりません。

ブドウ糖の効用

血中にブドウ糖が豊富にあると記憶力が増すという実験結果も報告されています。
更に、ブドウ糖や砂糖などの甘味物質は、鎮痛や快感作用の効果を持ち、
ストレスを解消し安らぎを覚えさせてくれるといった報告もあります。

しかし、炭水化物は摂りすぎると肥満や糖尿病、メタボリックシンドローム、
動脈硬化などといった生活習慣病の原因にもなるので注意も必要です。

炭水化物を沢山含む食品には、次のものがあります。

ご飯、パン、めん類、いも、豆、とうもろこし、果物、砂糖、はちみつ、
菓子、清涼飲料など。




Copyright©2011 Silver Life co Ltd., All rights reserved.