食事宅配のまごころ食材サービス|高齢者施設様の為の食事宅配・給食業者です

食事宅配のまごころ食材サービス|高齢者施設様の為の食事宅配・給食業者です

高齢者施設向け食事宅配TOP > 高齢者の健康を守る食生活のヒント > 栄養と健康についての基礎知識 > レシチンは生活習慣病を予防する

レシチンは生活習慣病を予防する

大豆は昔から薬として使われたり、民間療法に使われるなど健康食品として親しまれてきました。
その大豆に含まれるのがレシチンです。
レシチンは、細胞膜や神経組織の材料になるリン脂質のひとつです。

代謝アップで生活習慣病予防

レシチンには、血中のコレステロールなどの脂質と包み込むように結びつきコレステロールが血管の壁に付着することを防ぐ働きがあります。
これはレシチンの持つ、水と油分を混ぜる乳化作用という働きによるものでこの働きによって細胞内に栄養を取り込んだり、老廃物の排出を促したりします。
こうした作用で脂質の代謝を活性化し、肥満や脂肪肝、肝硬変など生活習慣病を防ぐことができます。

脳や神経の働きを活発に

レシチンを構成する要素のひとつであるコリンは脳内の神経伝達物質アセチルコリンを生成する材料になります。
そのためレシチンの不足は、不眠や記憶力の低下を引き起こす可能性があります。
したがって、脳内のアセチルコリンの濃度を上げる事が記憶力や脳機能の向上に繋がります。
また、こうした働きからレシチンは、痴ほう症やアルツハイマー病予防にも効果があります。

まごころ食材サービスでは、レシチンを始めとした栄養素をバランスよく使った食材をご提供しています。




Copyright©2011 Silver Life co Ltd., All rights reserved.