食事宅配のまごころ食材サービス|高齢者施設様の為の食事宅配・給食業者です

食事宅配のまごころ食材サービス|高齢者施設様の為の食事宅配・給食業者です

高齢者施設向け食事宅配TOP > 高齢者の健康を守る食生活のヒント > 栄養と健康についての基礎知識 > 葉酸で高齢者のアルツハイマー予防を

葉酸で高齢者のアルツハイマー予防を

必須栄養素としての葉酸

葉酸はビタミンB群の一種で、ビタミンB12と協働して
造血作用を促す役割を持つ必須栄養素です。
主として卵、牛乳、緑黄色野菜、かんきつ類、胚芽米、
アボカド、レバー、バナナ、ほうれん草などに多く含まれますが、
体内で合成できない栄養素なので、食品からの摂取が基本です。
胎児の発育に不可欠な栄養素であることから、
妊産婦にとって重要な栄養素として知られています。
しかし、葉酸には脳の処理速度を高める、
別の有用な働きがあることが分かっています。

記憶をサポートする働きも

葉酸は、脳に対して記憶力向上や、
アルツハイマー型認知症予防の効果があると言われています。
血中アミノ酸の一種であるホモシステインが増加すると、
認知症のリスクが高まるとされますが、
葉酸にはホモシステインを抑制する作用があるのです。
米ボストン大学ほかの研究では、血中ホモシステイン濃度が高い人の場合、
低い人に比べてアルツハイマー型認知症の発症リスクが
8年間で約2倍になることが確認されています。
葉酸が不足して血中のホモシステインが過剰になると、
アルツハイマー型認知症の原因であるβ-アミロイドの作用が強化され、
神経細胞を傷つけるためと考えられています。

高齢者こそ摂取したい葉酸

このように、葉酸の記憶力アップ効果については、
多くの専門家によって立証されています。
実際に、ボストン在住の高齢者を対象に実施された実験によれば、
葉酸を摂取したグループと摂取しないグループでは、
記憶力や言語力の低下について大きな差が認められました。
ほかに、葉酸は動脈硬化や脳卒中などのリスクを
低減する作用も期待されています。
高齢者にとっても恩恵の大きい葉酸は、
積極的に摂取したいものです。




Copyright©2011 Silver Life co Ltd., All rights reserved.