食事宅配のまごころ食材サービス|高齢者施設様の為の食事宅配・給食業者です

食事宅配のまごころ食材サービス|高齢者施設様の為の食事宅配・給食業者です

高齢者施設向け食事宅配TOP > 高齢者の健康を守る食生活のヒント > 栄養と健康についての基礎知識 > 認知症など高齢者の病の改善に不飽和脂肪酸を

認知症など高齢者の病の改善に不飽和脂肪酸を

飽和脂肪酸は摂り過ぎに注意

脂肪に含まれる主成分の脂肪酸は、
飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2つに大別でき、
さらに後者は、一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分けられます。
飽和脂肪酸は、主として動物性油脂に多く含まれ、
血中コレステロールを増やす働きがあるので、
特に高齢者は摂り過ぎに気をつけたいものです。

不飽和脂肪酸で認知症を予防≫

一価不飽和脂肪酸は、オリーブオイルに含まれる
オレイン酸が代表的です。
多価不飽和脂肪酸は、大豆油や菜種油など一般的な植物油に多く含まれる
リノール酸やα‐リノレン酸など、
そして青魚に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)、
EPA(エイコサペンタエン酸)などが知られています。
これら2つの不飽和脂肪酸は共に、心臓や脳など重要な臓器や組織に
欠かせない成分で、血中の悪玉コレステロールを減らす働きがあるほか、
血液の凝固阻害や抗炎症作用があります。
このことは、認知症の引き金となる生活習慣病や脳梗塞、
動脈硬化による心筋梗塞を防ぐのに有効です。

青魚と一緒にバランス良いメニューを

鯖(さば)などの青魚の油には、DHAやEPAなどの
不飽和脂肪酸がたっぷり含まれています。
DHAは脳の情報伝達機能を高める効果があるため、
記憶力や集中力を維持する働きを持っています。
つまり、青魚を食べることで、認知症の発症や進行を
効果的におさえることができるのです。
但し、飽和脂肪酸も身体に必要な栄養素ですし、
身体に良いからと不飽和脂肪酸を摂り過ぎれば、
やはり肥満の原因になります。
大切なのは、特定の食材に偏った食事でなく、
栄養バランスを考えた食事を摂ることでしょう。




Copyright©2011 Silver Life co Ltd., All rights reserved.