食事宅配のまごころ食材サービス|高齢者施設様の為の食事宅配・給食業者です

食事宅配のまごころ食材サービス|高齢者施設様の為の食事宅配・給食業者です

高齢者施設向け食事宅配TOP > 高齢者の健康を守る食生活のヒント > 高齢者に優しい調理法 > 高齢者のための発酵食品の調理法

高齢者のための発酵食品の調理法

納豆、味噌、醤油、漬け物など、日本人の食生活は古くから発酵食品により支えられています。発酵することにより旨味成分が生まれるだけでなく、栄養豊富で保存性も高い発酵食品は、健康維持のためにも積極的に摂り入れたい食材です。
「腸内環境を整える効果」、「免疫細胞を活発に働かせる効果」、「活性酸素を除去する抗酸化効果」、「酵素による血液サラサラ効果」など、さまざまな効果を持つ発酵食品ですが、ただやみくもに食べるのではなく、効果的な摂り方を心がけることで栄養成分の吸収率が格段にアップします。
ポイントは、「毎日継続して食べること」と「何種類かの発酵食品をバランスよく食べること」。発酵食品と一言にいっても、納豆には納豆菌、味噌には酵母菌・麹菌、ヨーグルトには乳酸菌・酵母菌と、それぞれ含まれる栄養素が違うため、どれか一つを大量に食べるよりも、少しずつ多くの種類を食べた方が栄養バランスがよいのです。
また、相性の良い食材と食べて相乗効果を狙うのも効果的。例えば、「納豆」はキムチと玉ねぎと一緒に食べると、腸内環境を整えるのに最大の効果を発揮すると言われています。また、「塩麹と鶏肉」の組み合わせは、塩麹の活性酸素を中和する効果に、鶏肉の疲労物質を中和する効果が加わり、老化防止になります。他にも、抹茶がコレステロール値を下げ、マッコリの発酵パワーが代謝を活性化する、「マッコリと抹茶」の組み合わせもおすすめです。
日本人の食文化に深く根付いている発酵食品。毎日の食生活の中で、上手に摂っていきたいですね。


Copyright©2011 Silver Life co Ltd., All rights reserved.