食事宅配のまごころ食材サービス|高齢者施設様の為の食事宅配・給食業者です

食事宅配のまごころ食材サービス|高齢者施設様の為の食事宅配・給食業者です

高齢者施設向け食事宅配TOP > 高齢者の健康を守る食生活のヒント > 高齢者に優しい調理法 > 高齢医者のための海藻類の調理法

高齢医者のための海藻類の調理法

味噌汁や酢の物、煮物など、古くから日本人の食生活に欠かせない存在である海藻は、日本人が長寿である理由の一つとも考えられるほど栄養豊富な食べ物です。近年、食生活の変化とともに海藻離れが進んでいるとも言われますが、今改めて海藻の持つ健康効果を見直すべきではないでしょうか。
海藻は、ミネラルやビタミン、食物繊維の宝庫である上に、低カロリーのヘルシー食品です。
海藻に含まれる水溶性食物繊維には、腸内環境を整えたり、糖の吸収を和らげる働きのほか、コレステロールや血圧を下げる作用、抗がん作用などがあると言われています。日本人の多くが陥りがちの食物繊維不足ですが、含有量の高い海藻ならば少量でも効率よく摂ることができます。
海藻を使った定番メニューと言えば、わかめの味噌汁や酢の物、昆布やひじきの煮物などですが、他の食材と組み合わせて使うことで、メニューの幅が広がるだけでなく、栄養素をより効率よく吸収できるという嬉しい効果もあります。
たとえば、海藻と豚肉は相性が抜群。豚肉に含まれるイノシン酸と海藻のグルタミン酸で相乗効果がうまれ、栄養バランスはもちろん、旨味も倍増します。また、油を一緒に摂ることで、海藻に含まれるビタミンやミネラルの吸収が良くなるため、炒めたり揚げたりするのもおすすめです。
もっと簡単に食べたい方は、塩昆布をごはんにかけて食べたり、スープに乾燥わかめをひとつまみ加えるだけでも、食事全体の栄養バランスがアップします。


Copyright©2011 Silver Life co Ltd., All rights reserved.