食事宅配のまごころ食材サービス|高齢者施設様の為の食事宅配・給食業者です

食事宅配のまごころ食材サービス|高齢者施設様の為の食事宅配・給食業者です

高齢者施設向け食事宅配TOP > 高齢者の健康を守る食生活のヒント > 高齢者に優しい調理法 > 高齢者のための魚介類の調理法

高齢者のための魚介類の調理法

日本食には欠かせない魚料理ですが、ここ最近は、魚に含まれる栄養素が生活習慣病や老化の予防によいとその健康効果が注目を浴びています。なかでも有名なのが、EPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)。肉や野菜類にはほとんど含まれないこれらの栄養素には、血液中のコレステロール値や中性脂肪を下げる働きがあり、動脈硬化などの生活習慣病や心筋梗塞、脳血栓などの予防に役立つと言われています。
EPAやDHAは魚の油に含まれる栄養素です。イワシ、サバ、サンマなどの青魚に特に多く含まれますが、他にもカツオやマグロなどさまざまな魚から摂ることができます。食べる部位により含有量が異なるため、赤身よりも脂の乗った部分を選ぶのがポイントです。
また、栄養素を効率よく摂取するために調理のときに気をつけたいのが、煮汁や揚げ油などにEPAやDHAが流れ出てしまうこと。一番簡単なのは何も調理をせず刺身の状態で食べることですが、蒸し焼きやホイル焼きなど栄養を閉じ込められる調理法もおすすめです。栄養が流れ出た煮汁や油をソース等にして、一緒に食べられるよう工夫してみるのも良いでしょう。身だけでなく、皮の部分にもEPAやDHAが多く含まれているため、なるべく捨てずに食べられると良いですね。
ご長寿双子姉妹として有名だった「きんさん、ぎんさん」も魚が大好物で、毎日のように食べていたそう。旬の魚を毎日の食事に取り入れ、若く健やかな体を保ちましょう。


Copyright©2011 Silver Life co Ltd., All rights reserved.