食事宅配のまごころ食材サービス|高齢者施設様の為の食事宅配・給食業者です

食事宅配のまごころ食材サービス|高齢者施設様の為の食事宅配・給食業者です

高齢者施設向け食事宅配TOP > 高齢者の健康を守る食生活のヒント > 高齢者に優しい調理法 > 高齢者のためのお米の調理法

高齢者のためのお米の調理法
お米は日本人にとってなくてはならない物

日本人の主食はお米で、これは子どもも大人も高齢者も毎日食べているであろう食材です。
我々の食生活からお米を省いてしまうと、食事に対する満足感は著しく低下するでしょう。
このお米ですが普通に炊飯器で炊いて食すという方法もあれば、土鍋で炊いたり、わざと水加減を多くしておかゆとして食すこともあります。
特に高齢者になると通常の硬さのご飯を食べるのがきつくなり、柔らかいご飯を好むケースもあるでしょう。
歯やあごの状況にもよるため一概には言えませんので、各々の高齢者に応じたお米の調理法を心がける必要があるのです。
お米は日本人にとってなくてはならない物 実際に高齢者向けの食事サービスを行っている企業の中には、ご飯の硬さにとことんこだわっているところもあります。
お米には数多くの有用成分が入っていることでも知られていますし、腹持ちも良いので人気です。
それは高齢者にとっても同じで、長年食べ続けてきたお米を美味しく食べるためには、調理法の工夫が欠かせません。
調理法次第でお米のメリットをいろいろと演出でき、さらにいろいろな料理に活用することができます。
シンプルに白ご飯だけで食すのも良いですし、おにぎりも美味しいです。
その際、高齢者の歯やあごの状態次第では、少し柔らかめにすると良いかもしれません。

お米を食べやすくする工夫について

とても残念なことですが、高齢者になると食べたくても食べるのが難しくなる料理も出てきます。
ですが調理法にこだわることによって、問題なく食べられるケースもあることを知っておきましょう。
例えば巻き寿司の場合、ご飯を柔らかめに作るのは当然ですが、巻かれている海苔を噛み切るのも大変です。
ですから海苔の代わりに卵を薄く焼いたものを用いるのも良いアイデアです。
お米を食べやすくする工夫について そして普段はおかゆを食べているという高齢者もいますが、毎日同じものばかりだと飽きてしまうでしょう。
野菜や魚、肉などを入れておかゆを作ってみるのもアリで、牛乳がゆだと違う味も楽しめます。
もしおかゆも食べるのが難しいという場合だと、重湯を作ってみるのもアリでしょう。
重湯は離乳食としても用いられるくらいの食事なので、多くの高齢者が食べることができるでしょう。
押さえておきたいお米の調理法は、水分調整を的確に行うというものです。
高齢者に合わせた水分調整がとても重要です。
調理法次第で高齢者も喜んで食べてくれるでしょうから、作り甲斐もあります。


Copyright©2011 Silver Life co Ltd., All rights reserved.