食事宅配のまごころ食材サービス|高齢者施設様の為の食事宅配・給食業者です

食事宅配のまごころ食材サービス|高齢者施設様の為の食事宅配・給食業者です

高齢者施設向け食事宅配TOP > 高齢者の健康を守る食生活のヒント > 高齢者に優しい調理法 > 高齢者のための麺の調理法

高齢者のための麺の調理法
高齢者が麺料理を食べる際に気を付けたいこと

高齢者も基本的に1日3回食事をするでしょうが、若い頃と同様の食事ができるわけではありません。
元気があり若者と大差ないという人なら多少安全性に気を遣うくらいで問題ないかもしれません。 ですが大抵の場合、嚥下しにくくなっていたり、食材を噛むのが難しくなったり…様々な症状が出てくることでしょう。
またいつどんなことが起こるか分かりませんので、常に注意しておかなくてはいけません。
麺類であっても同様で、適した調理法を知っておくことが求められます。
食べる麺の長さが長いとむせたりなど、危険が高くなるので注意しましょう。
高齢者が麺料理を食べる際に気を付けたいこと 麺の長さを短くしておくことで、そういったリスクを低減させられます。
麺は基本的には柔らかいものが多いのですが、高齢者の中には柔らかい麺であっても噛むのが困難だという人がいます。
既定の茹で時間よりも長時間麺を茹でることで、柔らかめの麺に仕上がります。
日本人にとってうどんやそばは馴染み深い麺料理ということもあって、多くの高齢者からも食べたいという声が挙がっているでしょう。 高齢者が希望したからといって提供するのではなくて、まずは食べても問題ないかを確認し、そのうえで必要があれば適切な調理法を施して
食べさせてあげましょう。

高齢者が麺を食べやすい状況を作ってあげることが大事

高齢者が一体どんな調理法を好むのか知っていると料理を作りやすいのですが、人それぞれなので一概には言えません。
状態に応じて麺の柔らかさや長さを事細かに変化させましょう。
柔らかく&1センチほどの長さにしても食べづらそうであれば、麺を使った極限まで煮たおじやにするのも良いでしょう。
麺を食べている時にも誤嚥が発生する危険性もあるため、汁にとろみをつけておくことをおすすめします。
高齢者が麺を食べやすい状況を作ってあげることが大事 いくら調理法に気を配ったとしても安心しきるのは危険なので、食べている時には目を離さないようにしたいです。
そして食材の希望の柔らかさや長さなどを食べる本人に聞くようにしましょう。
ですが遠慮して素直に希望を言わない高齢者もいるため、周りが察してあげる必要があるかもしれません。
入れ歯に挟まってしまう、むせる、噛みきれない、味が濃いなど、注意しなくてはいけない部分はたくさんあります。
食事の際には危険性があるということを、周りも高齢者本人も重々理解しておく必要があり、常に対策や調理法について考えておきましょう。


Copyright©2011 Silver Life co Ltd., All rights reserved.