食事宅配のまごころ食材サービス|高齢者施設様の為の食事宅配・給食業者です

食事宅配のまごころ食材サービス|高齢者施設様の為の食事宅配・給食業者です

高齢者施設向け食事宅配TOP > 高齢者の健康を守る食生活のヒント > 高齢者に優しい調理法 > コレスレロールが気になる高齢者のための調理法

コレスレロールが気になる高齢者のための調理法
コレステロールの高い人が増えています

高齢者が麺料理を食べる際に気を付けたいこと 近年、食の欧米化などの影響から「コレステロール」の値が気になるという人が増えています。
高齢者にとっても例外とは言えず、特に高脂質な食事や糖分を好む人には注意が必要であると考えられているのです。
健康診断などでコレステロールの値が高いと指摘された場合は、毎日の食事の調理法などを見直すことで改善を図りましょう。

しかし、そもそもコレステロールとは一体どのようなものなのでしょうか。
まずはその詳細を把握することからはじめましょう。

コレステロールとは何か。また数値が高いことによるデメリットとは

コレステロールには、「HDLコレステロール」と「LDLコレステロール」という2つの種類が存在しています。
前者を善玉、後者を悪玉と呼ぶ表現を聞いたことがある人もいるでしょう。
ですが、実際には単純に「善悪」と区別することは難しいと考えられています。
悪玉と言われるLDLコレステロールは、細胞膜を作る材料などとなる善玉コレステロールを血中に運ぶ役割を果たしているのです。
必ずしも善玉だけが増えれば良いということではないと言えるでしょう。

しかしながら、血液中の悪玉コレステロールが増加しすぎてしまうと「動脈硬化」などの生活習慣病を引き寄せやすくなってしまうことも事実です。
血管を詰まらせてしまう要因ともなりがちですから、「総コレステロール」のバランスを見ながら健康を維持しましょう。
毎日の食事の調理法を見直すことなどで数値の改善に結びつけることが可能です。
コレステロールとは何か。また数値が高いことによるデメリットとは いくら調理法に気を配ったとしても安心しきるのは危険なので、食べている時には目を離さないようにしたいです。

悪玉コレステロールを減らす調理法

悪玉コレステロールが気になると診断された高齢者の食事では、まず、数値を上げてしまいやすい食材を控えることが大切です。
一日あたり300mgまでの摂取になるようバランス良く食べることをこころがけましょう。
特にコレステロール値が高い食品は「動物のレバーや牡蠣、たまご」などといったものとなりますので、少なめに食べても満足感を得られるよう調理法に工夫をもたらすことがオススメです。

野菜やキノコ類、こんにゃくなどと一緒に料理することでかさを増やす。
見た目にボリュームが出るよう中心を高くして盛り付けを行う。
揚げ物にはオーブン調理を取り入れる。
お菓子などは、糖質を控えめにするためにおからなどを積極的に利用する。
このような調理法を取り入れてみましょう。
コレステロールを下げる効果があると言われるかぼちゃや大豆製品などを積極的に摂取することも大切です。
悪玉コレステロールを減らす調理法 昨今では、悪玉が増えすぎていなければ食事療法の必要は少ないと言われていますが、特に肥満の気になる高齢者などではある程度改善しなければならない余地もあるでしょう。
調理法を変えることで無理なく健康的な身体を目指すことが肝要です。


Copyright©2011 Silver Life co Ltd., All rights reserved.