食事宅配のまごころ食材サービス|高齢者施設様の為の食事宅配・給食業者です

食事宅配のまごころ食材サービス|高齢者施設様の為の食事宅配・給食業者です

高齢者施設向け食事宅配TOP > 高齢者の健康を守る食生活のヒント > 高齢者に優しい調理法 > 血圧が気になる高齢者のための調理法

血圧が気になる高齢者のための調理法
高齢期には高血圧のリスクが高まります

高齢期には高血圧のリスクが高まります 高齢者には高血圧の人が多いと言われています。
60代ではおおよそ60%、70代を迎えるころには何と70%ほどもの割合で高血圧症に罹患すると考えられていることからも、高齢者にとって発症リスクの高い疾病の一つだということがお分かりになるでしょう。
悪化すると心血管病のリスクを上昇させてしまう可能性なども指摘されていますので、「たかが血圧が高いだけ」と油断してしまうことがないよう注意を払わなくてはなりません。
日々の生活を健やかに送るために、高齢者自身やその家族ができることを考えていきましょう。
まずは、高血圧とはどのような疾患かを理解しておくことも大切です。

高齢者における高血圧症の症状とは

高齢者の高血圧にはこのような症状があることで知られています。

(1) 収縮期血圧の上昇と拡張期血圧の低下

収縮期血圧とは、血圧の「上」の部分を指す言葉です。
対して拡張期血圧は「下」の部分。
両者の均衡が崩れ、数値の差が大きくなることで病変を起こします。
心筋梗塞、脳血管障害といった疾患を招きやすくなる危険性もありますので、留意が必要となるでしょう。

(2)起立性低血圧、食後低血圧が起こりやすくなる
起立性低血圧は、着席した状態から立ち上がったときにふらつきやめまいを感じる症状です。
急に勢いを付けて立つと特に起こりやすいと考えられていますので、できるだけゆっくりと立ち上がるといった配慮が必要になります。
食後低血圧では、食事を終えて立ち上がったときに同様の症状を起こします。
いずれも急激に血圧が下がることが原因となっていることで認知されています。
高齢者における高血圧症の症状とは このように高血圧の発症には大きなリスクが潜んでいますので、できる限りの予防策を講じておく必要があるのです。

高齢者の高血圧を予防するには調理法に目を向けて

高血圧は、塩分の過剰摂取が原因の一つとなることで知られています。
特に高齢の人は塩辛い料理を好む傾向が見られますので、減塩しても満足できるような調理法を目指すことがオススメです。
軽度の高血圧症であれば、調理法次第で改善することも十分に見込めますので積極的に取り組みましょう。
高齢者の高血圧を予防するには調理法に目を向けて 塩を減らす代わりにレモンやお酢、スパイスなどで味にアクセントを加える。
お醤油に頼りすぎず、薬味などをふんだんに使う。
味噌汁などには、天然のだしと素材の美味しさを効かせる。
このような調理法で、無理のない減塩にトライすることが可能となるでしょう。

普段から調理法に気をつけることで高血圧に罹患するリスクそのものを減らすこともできます。
塩辛くなくとも美味しく食べられる方法を探して健康を守りましょう。


Copyright©2011 Silver Life co Ltd., All rights reserved.