食事宅配のまごころ食材サービス|高齢者施設様の為の食事宅配・給食業者です

食事宅配のまごころ食材サービス|高齢者施設様の為の食事宅配・給食業者です

高齢者施設向け食事宅配TOP > 高齢者の健康を守る食生活のヒント > 高齢者に優しい調理法 > 糖尿病が気になる高齢者のための調理法

糖尿病が気になる高齢者のための調理法
糖尿病の人が食事に気を遣うべき理由

糖尿病患者は高齢者の割合が高い病気です。
インスリンの働きや分泌が低下することが原因ですが、高齢者の場合はそれ以外の部分においても若者と比較して全体的な体の働きは衰えています。
そのため、糖尿病だけに収まらず、合併症や感染症にかかることも少なくありません。
糖尿病は体内の血糖値を安定させる治療を行います。
そのため糖尿病患者の合併症や感染症を防ごうとした場合、食事は非常に重要であると考えられます。
ところが、特に高齢者になると今までの食生活を変えることが難しく、慣れない食事制限に過度なストレスがたまってしまい逆に体調を崩してしまうことも起こり得ます。
慣れ親しんだ味が濃い味付けの場合はより一層周囲の人々の配慮が必要になってきます。
また、高齢者の中には歯がなくしっかりと噛んで食べることができなかったり、食べ物を飲み込むことができないなどの理由から必要なカロリーが摂取できない人もいます。
そのような人は低血糖にも注意しなければなりません。
食事の量は多すぎても少なすぎてもいけません。
食材と調理法をうまく工夫して、カロリーをコントロールしましょう。
糖尿病の人が食事に気を遣うべき理由

糖尿病患者の食事に適した調理法とは

調理法としてまず気を付けなければいけないのは、高齢者であるからこその味覚の低下です。
味覚を感じる機能が低下することで味を感じにくくなるため、塩分や糖分の濃度が高い料理を好むようになります。
しかし、血糖値を安定させなければならない糖尿病に過度な糖分はもってのほかですし、塩分も糖尿病の進行に関わってきますからなるべく抑えましょう。
糖尿病には魚と野菜を多く摂取すると良いと医学的に言われています。
魚、特に青魚にはDHAやEPAが豊富に含まれており、インスリンの働きに良い効果が期待できます。
野菜は食物繊維が豊富なものを選ぶと良いでしょう。
食物繊維は血糖値を下げてくれます。
しかし、魚や野菜が体にいいからと言ってしょうゆやドレッシングをかけすぎたりしてはいけません。
例えば、野菜と魚を同時に摂取できるサラダにし、ドレッシングにも黒酢などの体に良い成分が含まれたものを使用するなどの調理法を用いることで、高齢者の糖尿病患者でもおいしく必要なカロリーを摂取することができそうです。
糖尿病は食事内容が良くないとあっという間に悪化してしまう危険性を孕んでいます。
食材だけでなく調理法にも注意して、病気と向き合うことが求められます。

糖尿病患者の食事に適した調理法とは


Copyright©2011 Silver Life co Ltd., All rights reserved.