食事宅配のまごころ食材サービス|高齢者施設様の為の食事宅配・給食業者です

食事宅配のまごころ食材サービス|高齢者施設様の為の食事宅配・給食業者です

高齢者施設向け食事宅配TOP > 高齢者の健康を守る食生活のヒント > 健康に優しい食材と行事食

健康に優しい食材と行事食

山菜などの春食材には、冬に身体に溜めこんだ老廃物や脂肪などの排出を助け、新陳代謝をアップして、身体の機能をスムーズに春仕様に変える働きがあるため、高齢者のお食事にもお勧めです。

・・・つづきはこちら

水分を豊富に含む夏野菜など旬の食材は、暑さで体調を崩しやすい夏にぴったりの健康食材です。美味しく食べながら、夏バテや紫外線で弱った体を内側から回復させましょう。

・・・つづきはこちら

秋の旬食材の中には、消化器系の働きを活発にしたり、乾燥を潤し風邪を予防する食材が多いといわれており、高齢者の方にもお勧めです。ここでは、秋の食材とその栄養効果をご紹介します。

・・・つづきはこちら

冬が旬の野菜に豊富に含まれる栄養成分には、冷えた体を温めたり乾燥から粘膜を保護したりする働きがあります。冬でも風邪を引かない健康な体作りのために食べましょう。

・・・つづきはこちら

土用の丑の日の行事食であるうなぎは、タンパク質やビタミン、ミネラルなど栄養豊富で、暑さで食欲が落ちやすい夏に適した食材です。夏バテ解消以外にも様々な健康効果があります。

・・・つづきはこちら

人日の節句とは1月7日に七草粥を食べる風習で五節句の一つです。七草粥は疲れた胃腸を休め、野菜を補う効果が期待でき、邪気を祓うという縁起の良い食事なので高齢者にもお勧めです。

・・・つづきはこちら

節分には豆まきをして恵方巻きを食べる風習があります。節分の行事食の食材は、健康や若返りなどに効果的な豊富な栄養素が含まれているため、高齢者のお食事にもお勧めです。

・・・つづきはこちら

桃の節句の行事食には健康効果が高い食材がふんだんに使われており、高齢者にもお勧めです。ちらし寿司やハマグリのお吸い物、菱餅など桃の節句の行事食の健康効果についてご紹介します。

・・・つづきはこちら

お彼岸の行事食であるぼたもちとおはぎは、材料など基本的には同じものですが、季節によって呼び名や作り方が変わります。小豆の栄養分が健康作りにも役立ちます。

・・・つづきはこちら

端午の節句には、ちまきや柏餅などを食べることが慣例です。ちまきには体力をアップする効果などがあり、柏餅には疲労回復効果などがあります。美味しく食べて、元気に過ごしましょう。

・・・つづきはこちら

夏至には、カリウムが豊富な冬瓜などを食べて、健康を願う風習があります。夏至の食べものは各地で異なっていますが、どれにも健康効果が期待できる食材が含まれています。

・・・つづきはこちら

七夕には、そうめんを食べる風習があります。そうめんだけでは栄養が偏りがちになりますが、身体をあたためるネギや、疲労の回復に効果を発揮する青ジソなどの薬味があれば健康効果も抜群です。

・・・つづきはこちら

毎年夏の盛りの頃にお盆の季節が来ます。お盆には肉や魚を使わない精進料理を食べることが慣例となっており、食材に使われる豆腐や野菜にはむくみの改善や体力の回復に必要な栄養素が豊富です。

・・・つづきはこちら

冬至には、カボチャや小豆のお粥を食べて、無病息災を願う風習があります。カボチャには免疫機能の増強や、抗酸化作用があり、小豆には、疲労回復などの効果がある栄養素が豊富です。

・・・つづきはこちら

大晦日にはそばを食べることで知られています。そばには、抗酸化作用が期待できるルチンや良質なタンパク質などがふんだんに含まれており、その健康効果は非常に高いものとなっています。

・・・つづきはこちら

お正月には、お節料理を食べ、一年の幸せや健康を願います。お節にはポリフェノールがふんだんに含まれた黒豆や、免疫力が向上する紅白なますなどがあり健康にも期待できるものとなっています。

・・・つづきはこちら

事八日には、お事汁という6種類の具材が入ったお味噌汁を食べる習慣があります。体をあたためるほか、風邪の予防などにも効果を発揮する汁物で、健康に過ごしましょう。

・・・つづきはこちら

敬老の日はお年寄りをいたわり感謝する祝日として親しまれています。この日には、利尿効果のある小豆を含むお赤飯や風邪などを予防する人参やゴボウを含む五目寿司を食べることが多いようです。

・・・つづきはこちら

高齢者が楽しみしている行事食である花見弁当は食べやすいおかずを入れることが大切ですが、食べやすさだけではなく見た目にもこだわりましょう。やはり彩りがお弁当の重要なポイントです。

・・・つづきはこちら

春土用の日は4月後半~5月初めにあります。このときのイベントでは食事を通して健康増進を図るためにも高齢者の行事食に「い」のつくものや白い食べものを取り入れましょう。

・・・つづきはこちら

高齢者が春の訪れを感じることが出来る山遊びのイベントでは、煮物や焼き魚など季節を感じることができるとっておきのメニューを行事食として準備をして行事を行いましょう。

・・・つづきはこちら

端午の節句の行事食として高齢者にふるまう柏餅は通常の硬さでは食べにくさもあり危険を伴います。食べ方を気にすることなく楽しんで食事が出来るように柔らかめにするといいでしょう。

・・・つづきはこちら

端午の節句には高齢者の行事食としてちまきで、健康を願いしましょう。ただし体力が落ちてきているので噛む力も低下しています。粘り気の少ないうるち米を使って作るなどの工夫が必要です。

・・・つづきはこちら

端午の節句の行事食には、成長や健康を願うためにも出世魚であるブリを取り入れるのがおすすめです。高齢者が食べやすくなるように蒸したり煮たりする調理方法がいいでしょう。

・・・つづきはこちら

高齢者にも人気がある行事食といえば七夕の時に食べるであろう麦縄です。麦縄は索餅といわれることもあり、もともとは中国から伝来した食べ物です。行事食を食べることは良いことです。

・・・つづきはこちら

高齢者でも食べやすい行事食の代表格といえば、小豆粥だと思われます。行事食を食べようと思っても高齢者の中にはなかなか食べられない人もいますが、小豆粥でしたら多くの人が食べられます。

・・・つづきはこちら

重陽の節句は五節句の中の一つですが、この際には旬の栗を惜しげもなく使用して調理した栗ご飯を堪能するはずです。高齢者にとっても栗ご飯は特別な存在で、大人気の行事食です。

・・・つづきはこちら

行事食の中でも人気がある五目飯は7月14日の盆釜の時に食されることが多いものです。この行事食は高齢者のみならず様々な世代から支持を集めています。多くの具材が入っている点も魅力です。

・・・つづきはこちら

行事食のなかには旧暦6月1日の氷の朔日に食べるあられもあります。あられであれば、洋菓子や甘いものが苦手な高齢者にも喜んでもらえるでしょう。作るのが簡単なのも嬉しいです。

・・・つづきはこちら

高齢者にとって行事食は非常に重要なもので、例えば夏越しの節句の際には、酒まんじゅうを食べる習慣が全国的にあります。体力をつけるためにも、是非とも食したい行事食でしょう。

・・・つづきはこちら

七夕の行事食としてそうめんは千年も前から行事食となっていました。暑くて夏バテしてしまいがちな季節に、さっぱりしたそうめんはぴったりでしょう。流しそうめんも風流でおすすめです。

・・・つづきはこちら

Copyright©2011 Silver Life co Ltd., All rights reserved.