食事宅配のまごころ食材サービス|高齢者施設様の為の食事宅配・給食業者です

食事宅配のまごころ食材サービス|高齢者施設様の為の食事宅配・給食業者です

高齢者施設向け食事宅配TOP > 高齢者の健康を守る食生活のヒント > 健康に優しい食材と行事食 > 高齢者のための行事食「夏至」

高齢者のための行事食「夏至」

夏至の食べものは、健康に良い

「夏至」は、毎年、6月21日近辺に到来します。
夏至とは、本格的な夏の到来を意味し、
一年の中で最も昼間が長く感じられる一日のこと。
正午に観測できる太陽も、一年で最も高い位置となります。
本格的な夏には、まだ少し早い時期に訪れるため、
どことなく違和感を感じられる方もいらっしゃるのではないかと思いますが、
旧暦においては、4月から6月の間が夏。
ですから、夏至はまさしく、夏を迎えるための行事なのです。
現代では、6月21日頃は梅雨の長雨のちょうど最中にあたりますから、
寒暖の差やじめじめとした気候で、体調を崩しがちになるのが心配ですね。
そんなときにいただくのが、夏至の食べものです。
日本の各地域で異なっていますが、それぞれに健康効果が期待できるものですので、
こちらでご紹介したいと思います。
まず、有名なものでは冬瓜。
“冬”の名前が付いていることから、旬は冬なのでは?
と思いがちですが、冬瓜の旬は実は夏。
夏に収穫した冬瓜も、冬になるまで食べられる(保存できる)という意味合いで、
付けられた名前なのだそうです。
冬瓜にはカリウムが豊富に含まれており、利尿効果に富んでいます。
むくみの解消や、熱くなった体を冷ます効果が期待できますので、
夏の食べものとしては打ってつけです。
また、関西の一部の地域ではタコを、
愛知県尾張地方・三河地方では、無花果田楽を食べる風習があるのだそうです。
タコには、疲労回復効果のあるタウリンや、
ビタミン・ミネラル類が豊富に含まれています。
体力の落ち込む夏や梅雨時には積極的に摂取したい食べものですね。
無花果田楽に使用する無花果は、
カルシウムなどのミネラル、ペクチン、カリウムが豊富です。
高血圧を予防してくれる作用や、便秘の解消にも期待できますので、
是非、旬のうちに食べたい果物です。


Copyright©2011 Silver Life co Ltd., All rights reserved.