食事宅配のまごころ食材サービス|高齢者施設様の為の食事宅配・給食業者です

食事宅配のまごころ食材サービス|高齢者施設様の為の食事宅配・給食業者です

高齢者施設向け食事宅配TOP > 高齢者の健康を守る食生活のヒント > 高齢者におすすめ&タブーな食材 > 高齢者の食中毒対策

高齢者の食中毒対策

危険な食中毒。防止する方法は

じめじめとした湿気が不快な梅雨時から暑い夏にかけての時期は、
特に食中毒が心配される季節です。
外気があたたかい状態だと、細菌の活動が活発になり、
繁殖力が非常に高くなるのです。
食中毒の危険性自体は、通年あるものなのですが、
夏場には、よりリスクが高くなるのが特徴です。
特に、免疫力が低下する高齢者の方や、お子様などには、
万全の注意を払いましょう。
食中毒を起こす細菌の中でも、最も気を付けておきたいものが、
「カンピロバクター」と「腸管出血性大腸菌」です。
この2つの種類についてご説明します。
危険な食中毒の対策を、しっかり取って行きましょう。
カンピロバクターは、牛や鶏などの肉に付着して来ます。
元々は、動物の腸内などで繁殖する細菌で、
レバーなどの内臓の中にも生息しています。
これを防ぐには、生の肉に触れた手や包丁、
まな板を洗わないままほかの食材に触らないことが大切です。
ほんの少し体内に入っただけでも、保菌した状態となってしまいますので、
気を付けて調理することが必要です。
カンピロバクターの潜伏期間は、おおよそ2~7日程度。
発症すると、腹痛や嘔吐・下痢、発熱などの症状を現します。
腸管出血性大腸菌には、O157やO111などの種類が存在しています。
牛の腸内で繁殖することが主となっており、
牛肉などに付着していることが考えられます。
症状や潜伏期間、対策については、おおむねカンピロバクターと変わらないものですが、
高齢者の方などにおいては重篤化しやすい特徴がありますので、
特に危険視する必要性があります。
このような細菌性の食中毒に罹らないためには、
まずは手や道具の洗浄・消毒を心掛けること。
そして、加熱が不十分な肉や魚、生の肉を食べることを避けることも重要です。


Copyright©2011 Silver Life co Ltd., All rights reserved.