食事宅配のまごころ食材サービス|高齢者施設様の為の食事宅配・給食業者です

食事宅配のまごころ食材サービス|高齢者施設様の為の食事宅配・給食業者です

高齢者施設向け食事宅配TOP > 高齢者の健康を守る食生活のヒント > 高齢者におすすめ&タブーな食材 > 高齢者の栄養不足を避けるためには

高齢者の栄養不足を避けるためには

高齢者のアルコール。注意すべき点とは

高齢者の飲酒には、若い頃よりも大きな配慮が必要です。
年齢が高くなるに従って、アルコールへの耐性が弱くなるのです。
昔は沢山飲めた方でも、高齢になってからの飲酒においては、
酔いを感じやすくなってしまいます。
ですから、ご本人が適量と感じるよりも、
場合によっては減らさなくてはならない場合があるということです。
酔いやすいということを無視して過度な飲酒を繰り返すことで、
自分でも気づかないうちに、アルコール依存症となってしまうケースもあります。
近年では、高齢化社会に伴った現象として、
このようなことが往々に起こり得るようになりました。
しかしながら、このような状態を長く続けてしまうことは、
内臓へのダメージも懸念されますので、注意が必要なのです。
高齢者の方がアルコール依存に陥ってしまう背景の一つには、
寂しさがあります。
配偶者などを亡くしてしまったり、話し相手が少ないなどの孤独感が、
いっそうお酒に意識を向かわせてしまうからだと考えられています。
この状態を避けるためには、
寂しいから、誰も見ていないから。などと言って、昼酒をしないことや、
飲んで良い量・適量を決め、しっかりと守ることが大切です。
家族の静止も効果的ではありますが、
高齢になると意固地になってしまう側面もありますので、
慎重な対話が求められます。
また、高齢者の飲酒には、転倒事故などに注意することも重要です。
前述したとおり、高齢になると酔いが回りやすくなる側面がありますので、
自分でも気が付かないうちに泥酔状態になってしまうことがあるのです。
このような場合、足元がおぼつかなくなるなど歩行に危険が生じますので、
段差などで転倒して大けがにつながらないよう心がけましょう。


Copyright©2011 Silver Life co Ltd., All rights reserved.