食事宅配のまごころ食材サービス|高齢者施設様の為の食事宅配・給食業者です

食事宅配のまごころ食材サービス|高齢者施設様の為の食事宅配・給食業者です

高齢者施設向け食事宅配TOP > 高齢者の健康を守る食生活のヒント > 高齢者におすすめ&タブーな食材 > 高齢者におすすめ!肉類の食べ方

高齢者におすすめ!肉類の食べ方

なぜ高齢者は肉は必要なのか

人は年を取ると脂の多い食材、特に肉を食べたくなくなります。
それは、年齢を重ねて体が衰えてくると、
消化に体力を使う肉を食べたいと思わなくなるからです。
それに肉には心筋梗塞などを引き起こすコレステロールが多いとタブー視し、
魚や野菜中心になりがちとなります。
無論、魚や野菜にも重要な栄養素が含まれていますから、
それらの食材を食べることは大切です。
しかし、高齢者だから肉類は必要な必要がないのかというと、
そういうわけではありません。
肉類には筋力や免疫機能を維持するために必要なアルブミンの材料となる、
たんぱく質が含まれているからです。
体が衰えてくることでアルブミンの生成能力も弱まるので、
なおさら多くのたんぱく質を摂取する必要があります。
つまり、肉類を食べないというのは、
自分の体にとっては良いことのように見えて実際にはその逆なのです。
もし、食事を取っているのに体重が落ちているのであれば、
栄養不足が疑われますので食生活を見直すことが必要です。

食べやすい肉料理を考える

高齢者に肉類が必要だとしても、噛む力が弱く消化がしにくいことが問題です。
そこで肉料理をするならば、
少し手間をかけても食べやすく工夫をすることが求められます。
まず、考えるのは「噛みやすい」「喉を通りやすい」ということです。
「噛みやすい」肉料理にするためにおすすめするのは、
いつまでも口の中に残る原因である筋を切ることです。
細かく包丁で切り込みを入れていくのもいいですし、
ミンチなど肉を固まりではなく細切れにしていくことも効果的です。
「喉を通りやすい」肉料理としておすすめなのは、
中華あんかけなどにしてとろみをつけたり、
豆腐を繋ぎにしたハンバーグにして柔らかくすることです。
そうすれば噛みやすいし喉を通りやすくなります。
そして、そういった肉料理でもう一つ大切なのは作りやすさです。
高齢者むけの肉料理は鍋料理や厚切りの一枚肉を焼くのとは違い、
少し準備に手間がかかりますが一人分を作るのは簡単です。
高齢化が進み独居世帯の高齢者が増えてくるなかで、
家族に作ってもらうのではなく自分で作らなければならない状況が増えてきています。
ですから、高齢者ひとりでも作りやすいレシピを普段から調べることも必要です。


Copyright©2011 Silver Life co Ltd., All rights reserved.