食事宅配のまごころ食材サービス|高齢者施設様の為の食事宅配・給食業者です

食事宅配のまごころ食材サービス|高齢者施設様の為の食事宅配・給食業者です

高齢者施設向け食事宅配TOP > 高齢者の健康を守る食生活のヒント > 高齢者におすすめ&タブーな食材 > 高齢者におすすめ!魚介類の食べ方

高齢者におすすめ!魚介類の食べ方

栄養豊富な魚介類を楽しく食べる為に

栄養豊富で低カロリーな魚介類は調理法によって様々な料理に変化することができる、
万能な食材といっても過言ではないでしょう。
高齢者におすすめな味付けといえばまず和食ですが、
魚の和食は少し地味な色合いに見えることが難点ですが、
例えば塩焼きにはヒレと尻尾に化粧塩をし串で尻尾に通し頭へ縫うよう刺すと、
魚に躍動感が出て見た目で食欲をそそることができます。
また、中華や洋食は味がこってりしており高齢者にはタブー視される傾向がありますが、
テフロン加工のフライパンなどで油分をあまり使用せずに調理したり、
中華でしたら魚に油通しするのではなく揚げ焼きにすることでカロリーも抑えることができ、
尚且つこってりした味付けになります。
洋食を作るのであれば、ホワイトソースなどを作るときにコンソメを入れずに、
イカや魚からでた出汁で味付けをすると塩分を抑えることができ、
美味しい食事を食べながら高齢者の健康生活も守ることができるでしょう。

魚介類を安全に食べるには

体に良い栄養素が豊富な魚ですがお刺身など生のまま食すると身体が冷える場合があるので、
できるだけ火を通すことも健康を守る一つの方法といえるでしょう。
煮魚にする場合には、まず最初に熱湯を魚にかけて下処理をすることで、
魚独特の臭みや表面についた汚れを取ることができます。
そして一番大事なのは、魚用骨抜きで骨を一本一本丁寧に取ることです。
骨が喉に刺さる可能性を最小限にするには、指の腹で骨が埋まっているところを丁寧になぞるとよいでしょう。
また、青魚の場合は、アニサキスという寄生虫がいる可能性があるので、
芯までしっかりと火を通すことも必要です。
焼き魚にする場合は、ぜいごと背ビレの硬い部分を包丁で削ぎ落としておき、
食べるときに口の中を怪我しないよう配慮が必要です。
調理に使う器具は、魚を切る前に一度熱湯消毒をし、
綺麗な布巾で水分をしっかり取りましょう。
調理器具の使用後も再度熱湯で消毒し、
次に切る野菜などに魚の血液がつかないように注意することが必要です。


Copyright©2011 Silver Life co Ltd., All rights reserved.