食事宅配のまごころ食材サービス|高齢者施設様の為の食事宅配・給食業者です

食事宅配のまごころ食材サービス|高齢者施設様の為の食事宅配・給食業者です

高齢者施設向け食事宅配TOP > 高齢者の健康を守る食生活のヒント > アンチエイジングの食事法 > 骨を強くする!高齢者向け食材

骨を強くする!高齢者向け食材
70歳以上の10人に7人が骨粗しょう症!

70歳以上の10人に7人が骨粗しょう症! 高齢社会の日本は70歳以上の10人に7人が骨粗しょう症という状態になってしまっています。
骨粗しょう症は加齢によって年々骨密度が減少し、骨の中がスカスカになり、骨折しやすくなってしまうのです。
高齢者が骨折すると治りも遅く、特に足を骨折してしまうと寝たきりになってしまうケースもあります。
また、一度骨折をすると同じ場所を再び骨折してしまうリスクも高まるといわれています。
骨粗しょう症を予防するには骨を強くする必要があり、これには毎日の食生活や運動など生活習慣の改善によって変化が見られてくるようです。
高齢者にお勧めの運動は無理のない速さでのウォーキングで、適度な日光を浴びて行うとよいでしょう。
それと共に大事なのが食事です。
骨を強くするためにはカルシウムの摂取が重要です。

高齢者だけでなく日本人全体がカルシウム不足

高齢者だけでなく日本人全体がカルシウム不足 骨粗しょう症予防の栄養と言えばカルシウムですが、カルシウムは高齢者だけでなく日本人全体が不足しているということで問題となっています。
現在の子どもと、30年前の子どもでは骨折する割合が2倍にも増えているのです。
これは食べ物の欧米化によるものと考えられ、そういった生活を続けた結果、ますます骨密度の減少が早くなってしまいます。
そういった意味でも、カルシウムは積極的に摂取していきたい栄養素です。
カルシウムの理想的な一日の摂取量は、男性が750mg、女性が650mgといわれていますが、ほとんどの日本人は摂取できていません。

カルシウムを積極的に摂っていくための食材とは?

カルシウムは吸収率の悪い栄養素なので、一つの食材さえ食べていれば補えるというものでもなく、また、ある程度のカルシウムが摂取できたと思っても、強い骨を作るまでには、その他の様々な食品と組み合わせて食べなくては効果がありません。
骨粗鬆症の予防にカルシウムを摂るのであれば、カルシウムの吸収を助けるビタミンD、骨を作る役目を助けるビタミンK、この他にも良質なタンパク質やミネラルなども必要です。
女性は特に閉経後急激にカルシウムが不足するため、イソフラボンも摂るといいでしょう。
こういったことを考えても、骨を強くするために必要な食材としては、カルシウム、イソフラボン、ビタミンKを多く含んだ納豆や、大豆製品はおススメです。
この他にも、ヨーグルトなどの乳製品、小魚、海藻、きのこ類、野菜などを、まんべんなく摂るといいでしょう。

カルシウムを積極的に摂っていくための食材とは?


Copyright©2011 Silver Life co Ltd., All rights reserved.