食事宅配のまごころ食材サービス|高齢者施設様の為の食事宅配・給食業者です

食事宅配のまごころ食材サービス|高齢者施設様の為の食事宅配・給食業者です

高齢者施設向け食事宅配TOP > 高齢者の健康を守る食生活のヒント > アンチエイジングの食事法 > アンチエイジングに適している食事の時間と回数、量

アンチエイジングに適している食事の時間と回数、量
アンチエイジングのためには1日1食?メリットとデメリット

ドライフルーツというのはフルーツを乾燥させたものです。
健康のためには1日3食規則正しく食べるというのが基本です。
しかし、最近では毎日夕食1食食べるだけでよいという意見も出てきています。
空腹時の体の状態は、体にとって良いとする意見です。
サーチュイン遺伝子と呼ばれている生命力遺伝子が、空腹時に働くということで、アンチエイジングに良いと言われています。
アンチエイジングの基本は、細胞のダメージや劣化を防いだり修復したりすることです。
細胞がダメージを受けたり劣化したりするために、老化現象というものが現れるのです。
それを食い止める働きのあるものは食事で摂ることもできますが、サーチュイン遺伝子という遺伝子でもその働きをしてくれるといいます。
また、1日1食だけというのにはもうひとつメリットがあるといわれており、空腹によって若返りホルモンの分泌が促進されるということです。
体がなんとかエネルギーを得ようと内臓脂肪を燃焼するのにも一役買っています。
しかし、やはり1日に1食となると体のリズムがどうしても狂ってしまう人も多く、そういう人は毎日の食事のリズムが崩れると、体に悪影響を与えかねません。
長年続けてきた1日3食という規則正しいリズムが染み付いているので、急に1日に1食生活をはじめてしまうと、体が悲鳴をあげます。
また、ブドウ糖がなかなか摂取できず、脳がうまく機能しません。
アンチエイジングのためには1日1食?メリットとデメリット

1日に3食規則正しく食べるメリットとデメリット

1日に3食決められた時間に規則正しく食べる。
昔からの基本的な食生活ですが、重要なのは食べる時間と質です。
朝ごはんは朝起きてからすぐの時間に食べます。
昼ごはんはそれから最低でも3時間以上経ってから、晩御飯は夕方食べるというのが好ましいでしょう。
また、質に関しては、バランスの良い食事を心がけるようにするということです。
アンチエイジング効果を1日3食の食事で期待しようと思えば、ビタミンC、Eなどの抗酸化作用の強い栄養を含んだものを食べることが大切です。
ビタミンEは若返りのビタミンとしても有名で、高いアンチエイジング効果を期待することができます。
1日3食食べれば、長年染み付いたリズムを崩すことなくアンチエイジングができます。
各食事の量を減らせばカロリーもあまり気にしなくてよくなるというのがメリットです。
デメリットは特にありませんが、食べる回数に関してはどちらが良いというものは一概には決められません。

1日に3食規則正しく食べるメリットとデメリット


Copyright©2011 Silver Life co Ltd., All rights reserved.